第一種電気工事士の試験はどんな問題が出る? 資格を取得したい方必見!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事士は、学生だけでなく社会人にも取得希望者が多い資格です。
電気工事士の資格は難易度の割には需要が高く、またより高度な資格への足がかりにもなります。
そこで、今回は第一種電気工事士の試験内容や勉強のコツなどをご紹介しましょう。

  1. 第一種電気工事士とはどのような資格?
  2. 電気工事士、第一種と第二種の違い
  3. 第一種電気工事士の資格をいかせる職場とは?
  4. 第一種電気工事士の資格を取得する方法
  5. 第一種電気工事士の資格取得までの流れ
  6. 第一種電気工事士の試験対策
  7. 第一種電気工事士に関するよくある質問

第一種電気工事士は受験資格がいりません。しかし、申請をするためには条件があります。
これを知らない方も少なくないので、今回は申請の条件なども詳しくご紹介していきましょう。
電気工事士の資格取得を目指す方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.第一種電気工事士とはどのような資格?

電気工事とは、配線や配電盤、さらに受電施設を設置したり修理したりすることです。
どのような施設も、長時間快適に過ごすためには電気設備がかかせません。
第一種電気工事士は、一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事ができる資格のことです。
第二種電気工事士が一般用電気工作物しか工事できなかったのに対して、第一種電気工事士の資格は、大規模商業施設や中小の工場の電気設備も工事ができます。
ですから、電気工事士として独立開業を目指している方はぜひ取得しておきたい資格です。