電気工事士の学習法:第一種電気工事士について

第一種電気工事士について

第一種電気工事士は、500kW未満の自家用電気工作物および一般用電気工作物の工事を行うことができる資格で、第 二種電気工事士の完全上位資格となっています。

500kWを超える自家用電気工作物については、電験3種以上の有資格者の管理の下で作業者が工事を行います(実際の現場では、いくら電験資格者の指揮の下とはいえ、電気のことを知らない無資格者に工事を行わせるのは危険なので、電気工事士が作業を行うことがほとんどです)。 第二種電気工事士を取得したら、次なるステップアップとして用意されているのが、この第一種電気工事士というわけです。

第一種電気工事士免状取得には実務経験が必要...だけど試験を受ける意味はある!

第二種電気工事士は、筆記試験・実技試験をパスすれば免状が発行されました。
しかし、第一種電気工事士は、試験合 格だけでは免状がもらえず、5年の実務経験がないと免状がもらえません。なんだ、それじゃ試験を受けても意味がない と思うのは(実は私も過去そう思っていました...)ちょっと待ってください。

電気工事の資格には、第一種・第二種電気工事士のほかに「認定電気工事従事者」というものがあります。これは、最大電力500kW未満の自家用電気工作物の低圧部分の工事を行うことができる資格で、これを持っていることにより、第一種電気工事士の作業範囲のうち低圧部分限定の工事を行うことができるのです。そして、この認定電気工事従事者資格は、第一種電気工事士試験に合格すれば申請のみで取得できるのです。実はあまり知られていないことですが、高圧一括受電のマンションなどは、住居部分までも含めて自家用電気工作物になる場合があるため、たとえ低圧 100V 部分の工事でも、第二種電気工事士が行うと違法工事になる場合があります。

しかし、認定電気工事従 事者資格を持っていれば、これらの工事ができるようになりますから、第二種電気工事士しか持っていない人に比べると格段に仕事の幅が広がります。よって、第二種電気工事士資格と並行して、第一種電気工事士に合格して認定電気工事従事者証を取得することを強くお勧めします。

  1. HOME
  2. 電気工事士の学習法
  3. 第一種電気工事士について

PAGE TOP