就職について:電気主任技術者の一日

e-ラーニングはこちら

電気主任技術者の一日

みなさん、こんにちは。私は、電験三郎(でんけんざぶろう)と申します。東京は新宿の高層ビルの選任電気主任技術者です。私が選任され ている電気工作物は、受電電圧、特別高圧22,000ボルト、契約電力は2,000キロワットです。建物は25階建てのオフィスビルで延べ面積 は50,000平方メートルです。ここ、新宿では、それほどの大きさを感じませんが、地方都市にあればランドマークになるような大きさで す。私はこのビルを所有する不動産会社の社員です。つまり、自家用電気工作物の設置者の従業員として、私は選任されています。そんな、新宿、東京、そ して、日本に多数いる電気主任技術者の一人である私の、とある1日を紹介しましょう。


  • 9:00 出社・朝礼
    ビル管理事務所所員による朝礼。所長よりコンプライアンスについて訓告あり。その他、各担当者より今日のビル内の行事予定の確認。
  • 9:30 朝のミーティング
    業務委託先の設備管理会社の設備管理所長、警備会社の防災センター長と朝のミーティング。昨日の出来事と本日の予定の確認。この日は設備管理所長より、軽負荷時の自動力率調整器の設定について報告相談あり。力率を見ながら手動でコンデンサを投入・開放するよう指示。
  • 10:30 受変電設備機器の巡回点検
    毎日の巡回点検は委託先の設備管理会社の常駐スタッフにても実施しているが、電気主任技術者としても巡回点検を実施している。この日は電気室内の空調機の吹き出しフラップがずれていたので調整した。
  • 12:00 昼食・昼休み
    昼食は近くの超高層ビルの地下レストラン街へ。定食屋でサバ味噌定食。
  • 13:00 停電検査の計画書チェック
    保安規程に基づく年1回の定期点検の実施計画書のチェック。点検業務は設備管理会社に委託しており、点検はビルを停電して行う。設備管理会社から提出された実施計画書に誤りがないか、問題点はないかを確認する。特に、感電事故のないよう、遮断器の操作手順、接地・放電・断路の安全措置が確実に計画されているか確認する。
  • 14:00 ブレーカー動作
    設備監視室より、社員食堂でブレーカーが動作したと連絡あり現場へ向かう。すでに常駐スタッフにて原因確認。1回路に2台の電子レンジを使用したため過電流によりブレーカー動作。分電盤の予備回路からコンセント増設することで対策とする旨、設備管理会社に指示。
  • 15:00 改修工事定例会
    現在、当ビルは受変電設備の更新工事を実施している。工事は大手建設会社に発注し実施している。月2回定例会を実施し、工事の進捗と予定を設計事務所、建設会社、設備管理会社とともに確認している。この日は、更新するメイントランスの工場検査について打合せを実施した。重要な電気設備機器の更新や新設の場合は、製品がきちんと製作されているか工場に出向いて検査・確認に立ち会う。検査の内容は外観検査、仕様検査、絶縁耐力試験などである。今回の工場検査は、遠隔地なので宿泊を伴う出張となる。
  • 17:00 退社・懇親会
    定時に退社。残業はほとんどない。大きなトラブルになれば残業や緊急呼出となるが、幸い、委託先の設備管理会社により良好なメンテナンスが行われており、常駐スタッフが24時間常駐しているので、ほとんどのトラブルはスタッフで解決してくれている。この日は定例会があったので、西新宿の居酒屋で懇親会となった。縁あって一つ屋根の下で仕事をする管理会社、工事会社、メーカーの技術者同士で杯を酌み交わしながら交わす会話が心地よい
  1. HOME
  2. 就職について
  3. 電気主任技術者の一日

PAGE TOP